個人情報を教える不安

一括査定を受けるには、個人情報を提示しなければいけません。ですが、まだその会社で買い取ってもらうと決まったわけでもないのに、軽々と個人情報を教えるのには抵抗感が…。それもあってか、なかなか一括査定に踏み切れない…なんて人が、実は少なくないのです。

 

とはいえ、一括査定をおこなう会社は普通の会社であり、変な会社ではありません。会社の規模は違いますが普通に会社と同じですから、そこで個人情報を教えたとしても、それは他で個人情報を提供するのと変わりないものなのです。なによりも、大半の会社が個人情報の管理を厳重におこなっています。ですから、そこまで心配する必要はないのです。

 

また、提携先の会社にも個人情報が知られる…というのも気になるところ。でも、一括査定は複数の車買取店に査定してもらい、その中で競い合うことになります。より高い金額を提示した会社が買い取る事ができる…そのためのサービスとあります。ですから、金額を査定するための情報というのはどうしても必要。ましてや、連絡先がわからなければ査定することもままならいことも…。

 

複数の会社が関っているとはいえ、どの会社もいたって普通のお店です。信用を失わないように厳重に対応・管理はしています。決して怪しい会社が集まっているわけではないので、必要以上に警戒する必要はないのです。


ある程度のやり取りは必要不可欠

一括査定をするには個人情報を入力しなければいけないのですが、なかにはそれに抵抗を感じてウソの記載をする人がいます。これは絶対にやってはいけないこと。ウソの記載をするのであれば、そこで一括査定を頼むのはやめるようにしましょう。

 

一括査定は、車を少しでも高く売るためのサービスですから、ウソの記載といった信用を損ねる行為をしてはいけません。また、査定額を出してもらったら必ず承諾しなければいけない…なんてことはありませんので、きちんと正しい情報を提示するようにします。もし査定額に不満があるようであれば、車を売るのを辞めてもいいのですから…。

 

特に電話番号の記入には抵抗感を感じることも多くなっているらしく、ウソの記載をして連絡できないようにする人もいます。これは、買取たいという会社からしつこく電話がかかってくるのでは…といった不安からのようです。だから、査定額だけ聞いておきたい…と考えてウソの記載をするのです。

 

でも、これは大きな間違いです。入力してもらった個人情報を元に車の査定額を出していくのですが、これはあくまでも概算です。実際に車を見ることで上がる事もあれば下がる事もある…つまりは、確定した金額ではないのです。実際に車をみて判断したいのに、連絡先がまったくわからない…では、査定のしようがないですね。だからこそ、連絡先が必要なのです。

 

もし、何回もしつこく迫られたとしても、それははっきりと断ればいいだけのこと。なかにはしつこい業者からの電話連絡をストップさせてくるところもあります。「しこいからやめてほしい」と連絡すると、それを業者にうまく伝えてくれるところもあるのです。

 

とはいえ、車の査定には、ある程度の打ち合わせ…つまりは買取や金額の交渉が必要となります。ある程度のやり取りは仕方がないと、しておきましょう。